腰痛・坐骨神経痛の施術について

最終更新: 2020年5月9日


日本では約3000万人の方が

腰痛で悩んでいます。


国民病ともいえる腰痛ですが

腰痛患者の約85%は、はっきりとした

原因が解っていません。


腰痛の原因としてよくあげられるのが

腰のヘルニアや脊柱管狭窄症ですが


腰のヘルニア=腰痛・坐骨神経痛の原因 というのは様々な研究から現在では 否定されています。


割合は少ないですが、もちろん

腰椎椎間板ヘルニアが原因の

腰痛や坐骨神経痛もあります。


また、ガン、血管障害、神経障害、リウマチ

内臓疾患、骨折などから

起こる腰痛・坐骨神経痛もありますので

鑑別が必要です。


腰痛患者全体の1~5%でしかありませんが

下記のような症状がある方は


まずは検査設備の整った医療機関の受診を

おすすめします。


「発症年齢が50歳以上」

「徐々に痛みを感じるようになった」

「尻もちや転倒などしてから腰が痛い」


「夜間に痛む。楽な姿勢がない。」

「がんになったことがある」

「糖尿病がある」


「最近体重が減っている」

「腰痛だけでなく胸も痛い」

「背中や腰を叩くと激痛が走る」


「発熱がある」

「ステロイド剤や免疫抑制剤を使っている」

「腎炎・膀胱炎・尿道炎になったことがある」


「腰が硬くて前屈できない状態が

 3か月以上続いている」


「尿が出ない、便失禁がある、

 肛門や会陰部の感覚がない」


一つでも当てはまるものがある場合は

まずは医療機関で検査を受けて下さい。


特に最後の

「尿が出ない、便失禁がある、

 肛門や会陰部の感覚がない」

というのは馬尾症候群という症状で


早急な処置が必要です。

一刻も早く脊椎外科医の診察を受けて下さい。


日本脊椎脊髄病学会』より最寄りの

医師をお探しください。


上記の症状に当てはまらなず

病院を受診し、リハビリ治療等を受けても

改善しなかった方は


一度当院にご相談ください。

「立っていると腰から足にかけてシビレる」 「朝起きるときに腰に痛みがある」 「長時間座っていると腰が固まる」 「腰痛で前かがみになるのが怖い」など その腰痛はトリガーポイントという 筋肉の問題から、痛みやシビレが 起こっている可能性があります。 トリガーポイントは 圧痛(押したら痛む)を 伴う硬結(筋肉のしこり)です。


トリガーポイントが出来る原因は

使いすぎから血行不良になり


筋肉が部分的に硬くなり

そこに痛みを発する物質が溜まったり


また血行不良から神経が過敏になり