糖化は老化

「糖化は老化」

血液検査をしたことがある方は

「HbA1c」という項目を見たことが

あると思います。


これは糖尿病のチェックに使われる

指標で、血液の中にあるヘモグロビン

に糖が結合したものです。


ヘモグロビンはグリシンという

アミノ酸からできており、これが糖化

すると「HbA1c」になります。


糖に含まれる「カルボニル基」と

アミノ酸の「アミノ基」が反応すると

アマドリ化合物というものができます。

これが糖化の初期段階です。


実はHbA1cもアマドリ化合物の

一種なのです。

ヘモグロビンだけでなくコラーゲンや

アルブミン、リゾソーム、フィブリノーゲン

など人の体内のタンパク質は全てが

「糖化」を起こす可能性があります。



「糖化の問題点は?」

アマドリ化合物はαジカルボニル化合物を

生成し、最終的にAGEsという物質を

生成します。これが糖化の最終段階です。


そして糖化の問題点はAGEsです。

例えばAGEsになったコラーゲンは

互いに結合しあって、コラーゲンとして

の弾力性が失われます。


するとケガをしやすくなったり、

シワができたりします。

血管のコラーゲンがそうなると動脈硬化に

なったり、血栓ができやすくなったりします。


また悪玉コレステロールであるLDLが

糖化されると泡沫細胞となりアテロームを

形成して、やはり動脈硬化の原因となります。


さらに問題なのはSODやカタラーゼなど

活性酸素を除去する酵素が糖化されてしま

うことです。


そうなると当然、活性酸素を除去することが

できなくなりますし、糖化されるその過程

においても活性酸素が発生してしまいます。


重要なのは、糖化は「非酵素的」に起こると

いう事です。つまり糖質が多ければ多いほど、

つまり血糖値が高く、またその高い時間が

長ければ長いほど、糖化が起こりやすい

のです。


糖尿病患者は血糖値の高い状態が長時間続

くため、糖化が起こりやすく、それが糖尿病

で合併症の起こる主な理由となっています。



「果糖と砂糖に気負つけましょう」

お米などのデンプンはブドウ糖です。

ブドウ糖に比べると果糖は非常に糖化しやすく、

フルーツや砂糖には多くの果糖が含まれている

ので、糖化を防ぐという観点からも、できるだ

け避けるようにした方がいいでしょう。



10回の閲覧
〒573-1146 大阪府枚方市牧野阪1-17-10
プラリア牧野阪1F  はる鍼灸整骨院
​ご予約・ご相談・お問合​は・・・
​お気軽にお電話ください

072-896-7677

​web予約 24時間受付中!

*登録後すぐに予約確定できます。

LINEからも、予約・相談・問合せが可能です。

​​*予約確定まで数回やり取りが必要です。

​メールで予約・相談・問合せしたい方はこちら

​*予約確定まで数回やり取りが必要です。

完全予約制   月 火 水 木 金 土 日 祝

10:00-14:00 ● ● ● ● ● ● ― ―

 16:00-20:30 ● ● ― ● ● ― ― ―

​ホームページ訪問者数
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon

<当院顧問弁護士> 

日髙法律事務所 弁護士 日髙 伸哉

大阪府大阪市北区西天満5-9-5谷山ビル6階